イプシロンCGI利用ガイド

ここでは、イプシロンの決済システム組込方法について概要を説明しております。
各種決済サービスの「決済処理」、顧客情報とカード情報を紐付ける「ユーザ登録」、定期課金サービスの「定期課金管理」については各ページをご参照ください。

数行コードでオーダー情報送信が可能

イプシロンなら都度決済でのオーダー情報の送信は数行のコードの記述のみで可能です。
詳しくはカード決済の都度決済の項目をご覧ください。

オーダー情報送信先 CGIへPOST

# EPSILONに接続して送信
result = http.start do
    http.request( post_data )
end

オーダー情報送信先 CGIへPOST

// HTTPリクエスト実行
$response = $request->send();

オーダー情報送信先 CGIへPOST

// 決済情報送信
// 送信用の設定を作成
RequestConfig rc = RequestConfig.custom().setConnectTimeout(2000)
										 .setSocketTimeout(2000)										
										 .setMaxRedirects(0)										
										 .build();
// Header定義
List<Header> header = new ArrayList<Header>();
header.add( new BasicHeader("Accept-Charset","UTF-8" ))	;
header.add( new BasicHeader("User-Agent","EPSILON SAMPLE PROGRAM JAVA" ));

HttpClient client = HttpClientBuilder.create()
								.setDefaultRequestConfig(rc)
								.setDefaultHeaders(header)
								.build();

List<NameValuePair> param = this.makeSendParam();
HttpPost post = new HttpPost();
HttpResponse res = null;

try {
	post.setEntity(new UrlEncodedFormEntity(param,"UTF-8"));
	post.setURI(new URI(this.getConfig().getOrder_url()));
	res = client.execute(post);
}catch(Exception e){
	e.printStackTrace();
	return null;
}

オーダー情報送信先 CGIへPOST

my $ua = LWP::UserAgent->new;
$ua->timeout(20);
$ua->ssl_opts( verify_hostname => 0 );
my $rq = POST $order_url, [%data];
my $res = $ua->request($rq);

クレジットカード決済の処理概要

クレジットカード決済時の処理フローは以下の通りとなります。
イプシロン決済サービスの仕組みは、ECサイトやWEBサービスにて顧客が商品、サービス選択を行い、 支払情報の選択をすると、イプシロンが用意する支払い用ページに移動します。
そして、 イプシロンのセキュアな環境にて決済情報を入力していただき支払いを行っていただく仕組みです。
そのため手間がかかる決済入力画面の作成が不要であり、簡単に決済サービスの組込が可能でございます。

①商品選択画面②購入者様情報登録画面⑤決済完了画面は加盟店様側でご用意ください。
③決済選択画面④クレジットカード決済画面は弊社提供いたします。

オプションで「分割・リボルビング払い」を選択されている加盟店様につきましては、④クレジットカード決済画面でクレジットカードの支払回数選択画面が表示されます。

取引情報送信処理Sample CGI取引結果受信Sample CGI決済完了通知先URLはイプシロン決済システムを使用するために、加盟店様にてご利用のプログラムの変更または新規作成をしていただく箇所となります。弊社管理画面にPerl で作成したサンプルがございますので、ご参考にしてください。

各パラメータにつきましては、送信パラメータの詳細をご参照ください。