GMO Epsilon, inc.

イプシロンの決済方式について

イプシロンでは、加盟店様に合わせた決済方式をご用意することで、安心・安全な決済環境を準備しております。 また、クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画にも対応しております。

リンク決済

リンク決済は購入手続き時、イプシロン側で用意した決済画面に遷移し決済が完了します。
クレジットカード情報が加盟店様のサーバーを通過しないため、セキュリティ面にも優れており イプシロンの決済方式の中で最も簡単に導入することができます。

リンク決済

リンク決済のメリット

  • 事業者様がクレジットカード情報を取り扱わないので、安心!

    お客様のクレジットカード情報は直接イプシロンサーバに送られるため、情報漏えいを防ぎます。
  • 低コストで簡単に接続可能!

    ECサイトと接続するだけで、簡単かつ低コストで導入できます。
  • 決済画面の制作が不要!

    決済画面はイプシロンが提供するので、事業者様での決済画面の制作が不要です。

ページトップへ


メールリンク決済

購入者にメールで決済URLを案内し、決済を行っていただく方法です。
予約商品や、オーダーメイド商品など注文受付後に決済金額が決まる商品の決済に最適です。

メールリンク決済の流れ

メールリンク決済の流れ

メールリンク決済のメリット

  • 予約商品などに最適

    商品が購入可能となったタイミングで決済URLを案内し決済を行えるため、 予約商品やオーダーメイド商品に最適な決済手段です。
  • 特別なシステム設定が不要

    メールリンク決済は、イプシロン管理画面に購入者のメールアドレスや注文番号などお支払いに必要な項目を入力するだけで、決済URLのメール送信が完了いたします。
    そのため、特別なシステム設定をすることなく利用することが可能です。
  • セキュリティが万全

    購入者様のカード情報はイプシロンの決済画面に入力していただくため、加盟店様のサーバーでクレジットカード情報を保持する必要がありません。

ページトップへ


トークン決済

トークン決済は、JavaScriptを使用した非通過型決済で購入者様が入力するクレジットカード情報を別の文字列(トークン)に置き換えて、決済を行えるサービスです。
クレジット取引セキュリティ協議会が取りまとめた「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画※」で推奨している処理方法の一つです。

  • 加盟店様は2018年3月末までにカード情報の非保持化またはPCIDSSへの準拠が必要となります。

トークン決済のデータフロー

トークン決済のデータフロー

トークン決済のメリット

  • 情報漏えいのリスク軽減

    加盟店様サーバを通過する全ての電文においてカード番号を保存・処理・通過させないため、情報漏えいを軽減することができます。
  • スムーズな画面遷移

    加盟店様のサイト上に実装していただくため、カード決済画面の遷移が自由に設計可能です。サイトイメージを保ったままでの画面遷移のため、ブランドイメージを損なわずに決済が完了いたします。
  • システム利用料が無料

    イプシロンであれば、初期費用・システム利用料が無料のため低価格で「トークン決済」を導入することができます。

トークン決済の注意事項

  • 発行されたトークンは、一定時間経過するか、一度決済に利用されると無効となります。
  • トークン決済は、javascriptの動作するブラウザを前提としております。JavaScriptの利用できない端末(一部フィーチャーフォン等)では、トークン決済をサポートいたしません。

 

開発者向けWEB仕様書

イプシロン決済システム組込方法についてWEB仕様書もご用意しておりますので詳細を希望される方はご活用ください。
開発者向けWEB仕様書

ページトップへ


お申込みはこちら

 

新規申込(法人)

 

新規申込(個人)



初期費用は無料。1分で簡単オンライン申込はこちら。

ページトップへ