オンライン決済で想定されるリスク

オンライン決済でのリスク

クレジットカード決済の場合

クレジットカード会員がクレジットカード決済において、何らかの理由で利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社が加盟店に対して支払いを拒絶することです。
チャージバックは、クレジットカード会員がクレジットカード発行会社に対して、「承認済み取引の取消」を要求した場合に発生します。例えば、以下のような理由でクレジットカード会員が「承認済み取引の取消」を要求することがあります。

カード会員本人による利用否認(第三者によるなりすましも含む)

加盟店のサービス未提供(商品のみ発送を含む)

商品を購入したが、加盟店側がきちんと契約を履行していないとカード会員が考えている場合(受け取った商品(サービス)が加盟店側の説明と大きく異なる、受け取った商品が損傷していたなど)

クレジットカード会社からの該当取引に関する調査に応じなかった場合


ページトップへ

ある日突然、あなたのサイトが狙われるかも・・・

不正利用は、「突然」「多数」発生することがあります。不正利用に気づいた時には、何点も商品を提供済みで、取り返せないということになりかねません。
あなたのショップも決して他人事ではないのです。

不正利用発生からチャージバック通知までの流れ

最も多いのは、不正利用によるチャージバックです。そのため、クレジットカードの不正利用について、理解をしておくことは大変重要です。

ページトップへ

不正利用によるチャージバックを抑制するための3つのポイント

安全なサイト運営をするために必要なポイントは以下のとおりです。

不正利用を抑制する機能、3Dセキュアとセキュリティコード

オーソリ(カード会社承認)OKは本人利用とは限らない

商品発送前に確認すべきこと


ページトップへ

チャージバックが起きてしまった時の具体的な流れ

残念ながら、クレジットカード決済・Yahoo!ウォレット決済・PayPal決済・スマートフォンキャリア決済では、サービス提供(商品発送)を行っていても、チャージバックは発生します。チャージバックが起こってしまったときの流れを見ておくことで、チャージバックの本質を理解することができます。

ページトップへ

お問い合わせはこちら